スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズギター レッスン受けてきました。

念願のギターレッスン行ってきました。ジャズとクラシック両方教えられて、最近話題の奏法をマスターしている方です。リュートもやってて、古典奏法もOKというマニアックさがとてもグッドです。

レッスンでは、

右手、左手の脱力のしかたや、コードの取り方、ジャズの考え方など、
色々、しっくりいっていなかったところを実際に弾いてくれてやり方を教えてもらえたのですごく参考になりました。
基本的に「楽に弾けば、いい音になる」という考え方なのですが、
家人に「きれいな音になったね」と言われたので遠いところまで行ったかいがあったかと。
自分的には弾くのが楽になった分、音楽的なことに集中できるのともう少し歌を聴く余裕が出来ると期待してます。
表現的にはジャズ的なフィーリングの伴奏とまったり、スムースで静かな弱音が弾けるようになったのが収穫です。

ジャズのスタンダード曲を題材にして、ジャズのフィーリングや和声的な考え方を教わりました。いらないところは省いて、最後に残るのはここ、みたいな感じで、3、4弦だけの2音だけでバッキングをやってくれたときはもう、感動でした。「昔はテンションばりばりできらびやかにひいてたけど、もう、最近枯れてしまって、こんな感じですよ」って。いやー、すごかった。

ウォーキングベース奏法というのですが、「こうやれば簡単」という感じでさらっと教えてもらいました。
なんとかなりそうな気がしてきました。


「自分の音や、タイミングにまったく納得していない」と伝えたところ、リュート奏法を流用した奏法を教えてくれましたが、こちらも画期的でした。「ピックを使って弾くことにはまったくメリットがない」と言い切っていましたが、納得の効果で、音の抜け、つや、要するに表現力は圧倒的ですね。なれるまで、大変そうですが、効果は高く、非常に可能性を感じています。

通うのが大変ですが、なんとか続けたいと思ってます。

最近、はまっているフライドプライドになるために、ガットギター、ポスティゴっていうスペインのショップ製フラメンコギターを入手しました!これがいい!こちらのレポートは次回以降、こうご期待。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。