スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンビンテージについて

いわゆるビンテージ、フェンダーとかギブソンの古いものが手の届かない値段になってしまって、1980年代のコピーモデルの人気が出てきています。特に、トーカイ、フェルナンデス、グレコなど、有名メーカーのものはコピーの精度が高いとされていて、値段も発売当時の価格を超えて取引されるなど過熱気味ですね。
当方も若干フェルナンデスのリバイバルシリーズなどに手を出してみましたが、感想としては「見かけは似ているけど、音にガッツがないので×」という結論でした。むしろ、コピー度が低い1970年台のFSTなどの方が音に深みと張りがあって楽器としての能力は高いと感じました。
ただ、70年代も80年代も国産のモデルはどれも高音で音が詰まるという欠点があることも分かりました。
その中で、意外だったのが、フレッシャーという初心者向けのメーカのものは見かけや作りに問題がありながら、音が非常に良かったことです。音に張りのない楽器の特徴として、少しでもボリュームを絞ると音がやせてしまうということがあるのですが、フレッシャーの初期のものはこれがおこりません。初期もののストラトなど数千円で買えますのでぜひ試してみてください。現行の10万円以上のものよりずっと音がいいと思います。ただし、どんな楽器でも調整はきちんとしてあげないと音になりません。ロッド調整、弦高調整、オクターブ調整はばっちりやってくださいね。最初はきちんとしたリペアマンのいるところで調整してもらうのが良いと思います。何度かやってもらう内に、どういう状態が良いのか、どうやるとうまく調整できるか分かるようになってきます。

さて、当家のジャパンビンテージ(フェルナンデス)の顛末ですが、フェンダーメキシコのネックを入手してすげ替えて、落ち着きました。これは音のつまりもなく、からっとした音色で張りもあり、良いのですが、よく考えるとメキシコの楽器が2、3万で入手できますから、こっちの方がずっといいですね。高い授業料でした。

といっても、じゃあ、1960年代の国産はどうなんだ、という興味がわいてきて、テスコ、グヤトーンのものを落札してしまったんでした。。。。。
いわゆるビザールギターですが、枯れた音を期待してます(爆)。


スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

PICKUPはどんなものでしょうか?

古いグヤや、テスコのピックアップはアルニコの磁石が底に張ってあるタイプが多いですね。
すさまじい加工精度の低さ(爆笑)で、適当の極致です。また、これがいい音するんです。
ライクーダーなんかはテスコのいわゆる軍艦ピックアップをストラトに移して使っていたみたいです。
フレッシャーはごく普通ですね。木部がいいんだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。