スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物のビンテージ アンプ 



とある方から、縁あって、ゆずって頂、我が家に来てしまいまして。

今日はクイズです。

1.世界で始めて販売されたエレキギターにつながれるあれ、です。
2.戦前のものには筆記体のロゴがつけられている、マニア垂涎の、あのブランドです。
3.最初のジャズギタリスト、チャーリークリスチャンが使用していたこと知られています。

ここで、

「ああ、しってるよ、XXXXでしょ」

という方がいたら抽選で3名様にいいものあげます(嘘)。

というわけで、世界最古のギターアンプ ギブソン EH-150が我が家にやってきました。
もともと、ラップスチール用のものなので、チャンネルはマイクと楽器用の2つで、コントロールはボリュームとベース強化スイッチ(オンオフのみ)という非常に男気のある仕様。

1.楽器用チャンネルの極上の甘いクリーントーン。
2.マイクチャンネルにギターを入れるとクランチから甘く、クリーミーなディストーションサウンド。まさに吼えます。スクーリミン、ギブソン!
 あの、ステージでギターを燃やしてしまう方の音が出ます。

で、なにしろ、びっくりなのが、マイクチャンネルで、まるでマーシャルのような暴力的な音が地響き立ててこんなに小さいアンプから出てくるわけで、完全に呆然とします。

そんなわけで、この破壊的なマイクチャンネルをフルドライブすると30年代オリジナルの希少なフィールドスピーカーがお陀仏になるのは目に見えているわけで、ハーモニーセントラルなんかでこのアンプを死ぬほど愛している人がやってるように、ビンテージのものに交換するのが吉かな。

もともとリツイードしてあったり、中もいじってあるんで、そんなにオリジナルにはこだわらないし。

ES-125との組み合わせはさすがに純正の組み合わせで、ほんとに気持ちいい!
クリーンでうっとり、歪ませてブルースも、いなたい粘りで本とに「黒い!」
メンフィスの亡霊がこのアンプを鳴らしてるんだぜ、って書いてる人がいたけど、
まさにそんな感じ。ああ、やっぱりギブソンいいなあ。

これで、ライブやりたくなってきました。

↓自分のはリツイードしてありますが、これが原型。
EH-150
スポンサーサイト

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。