スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンビンテージ:キャッツアイ トーカイ

今日はアコギのお話です。マーチンと技術提携した、というふれこみで人気のトーカイのブランド、
キャッツアイですが、高値で取引されているのは定価10万以上の型番のものです。それ以下のものは、結構安く買える、逆にいうとそれ以上のものが異常に高値がついてしまっているわけです。
実際に弾いてみると、明らかな差があって、値段なりだなあ、と納得してしまいます。まあ、80年代のいわゆるジャパンビンテージものはどれも倍音が単純というか、一言でいって、音が湿っていて、それこそ、昭和フォークのアルペジオにぴったりの音がする訳ですけど、これははっきりいって好みじゃない。勢いで買ってしまったTCM-80、あまりいい木は使ってないので、ビンテージパッチを表裏にばりばりに張り込んで、ブラスナット、サドルに換え、かなり音は前に出てきていたんだけれど、今ひとつな感じが拭えず、じっと見ていて、はたと気づいてしまいました。

「塗装が分厚いなあ」

5分後にはサンドペーパーでごしごしやっている自分がいた訳です。

全部はがしてしまうと、えらいことになりそうなので、目測、半分くらいまではいだところでやめました。といっても、もう、後戻りは出来ないんですけど。

というわけで、今、絶好調で鳴ってます。うちのキャッツアイ。ビンテージっぽい乾いた抜けの良い音に大変身。サドルは元のものに戻してもJ-45が見劣りするくらいになってしまったんでJ-45はサドルとナット調整に出しました。デルリンナットとタスクのサドルという組み合わせでどこまで対抗できるか!

で、J-45が勝つと、多分、キャッツは丸裸にされるんでしょうね。。。。。
全部はがしてオイルステインにしてもいいかな。

では、おやすみなさい。


スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。