スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナル Triolian と Style-O

藤沢駅からダイエーの方に向かい、町田に抜けて行く道、白旗の交差点の手前くらいに
気になる一角がある。
お墓の手前あたりの一角にバーだの、飲食店が出来てはつぶれて。
経営がいっしょなのか、居抜きで継続されているのか、
ならんでる酒も、店構えもほとんど変わらず、名前だけ変わる。

そのバーがまた、新しい名前に。
Bluesが名前に入っている。

しかも、戦前ものや、弾き語りスタイルのブルースマンの名前が
書き散らかされている。

気になる。


耳をそばだててみると、近年もののバンドスタイルのブルースが
大音量でかかっているのではいるのをやめた。

さて、その戦前ブルースがらみのギターの話。

戦前もののブルースなどを聞いていて、いったい、どうやってこんな
音を出しているのか、、と疑問に思っていたのだが、一つの正解としては、
リゾネーターという特殊なギターを使っていた、ということを言う人がいて、
ブルースにあこがれるものとしては、手に入れて、使いこなさなければ、と思うわけですが、
近年もののリゾネーターを入手してみたものの、どうも感じが違う。

自分が好むブルースギターの音、というのは、深くて、いなたくて、どこまでも届く音の浸透力がある
音なんだけど、どうも近年ものではそれが出せないのでは、と思って、アメリカから直接入手したのが

1930年代 ナショナル製リゾネーター

1。Triolian
2。Style-O

Style-Oはとてもきれいなりっぱな音がする。
がらんがらんとした、いなたい音は鉄製ボディのTriolianが得意で、今の気分はこっち。
なので、Triolianばかり弾くことになる。感度も抜群なので、こちらの気分や調子が露骨にでる
厳しいギターでもあるのだけれど、気持ちによりそってくる感じとかが気持ちよい。

夜な夜な、色々なスタイルで色々なギターを弾きつつ、録音してみたら、意外なことに、カントリーブルースの
スタイルが今は自分の中では一番、まし、な感じがして、驚きつつもうれしくなってしまった。

どうせ、日本人にはブルースはやれない、というのが定説になっているのに変に毒されていたのかもしれない。
海外で活躍するクラシックの奏者がいくらでもいるのだから、日本人がブルースやって悪いわけない。
自分が楽しくて、聞いている人が気持ちよければなにやっても良い訳だし。

ジャズもバンドもしばらく置いておいて、カントリーブルースを体にしみ込ませる作業をしようと思う。
Triolian といっしょに。

例の店は、中から戦前ブルースが聞こえてきたら入ろうと思う。
店が変わる前に入れるだろうか。





スポンサーサイト

あなたはピック派、指派?

長らく、指弾きになったりピック弾きになったり、いったりきたりを繰り返しているが、

指で弾いた方が、ニュアンスが出るし、音色もやわらかくなるが、
ピックで弾いた方がタイミングが取り易く、特にソロでのリズムキープが有利

ということで、主にピックで弾くことが多かった。

アコギやスライドギターで指で弾くのは指が足りなくなるからで、
それはそれで、タイミングの乱れなどはあって、うまいわけではないので、
音色、音量のバラエティなどにも難点があったりした。

ところが最近、弦と指とのコンタクト角度とか、指の曲げ具合なんかを工夫することで、
指弾きのデメリットがほとんど消失することがわかり、

ピックいらないな。。。。。

と思うにいたった。

この弾き方で、うちのLP-スペシャル、56ストラトは言うに及ばず、ナショナル、ドブロ、カラマズー
まで、秋の夜長をぽろぽろとやっていると、

うちのギターたちは実に歌と合う音色だなあ、

と深く深く感じいる。

安いピックギターも、リゾネーターも、実に味わい深いものだ。

それぞれのギターの音色、レスポンスの違いで、やはり歌う歌、歌自体も変わってくるが、
どれも、俺の歌、という感じがしてきてるのがうれしい。

音楽の芯に歌をおけば、そんなにギターもたくさんいらない。
聞いてもらえる人のことだけ考えていればいい。

そんな気持ちになれるといい。


ブルースマンは街に出る

横浜では有名なブルースを売りにしているライブが出来るレストラン/バーのセッションをのぞきに行った。

結局、ブルースをやっている人はいなくて、全編、ロック、大音量、ひずみきったギターのソロ合戦。
スポーツの一種でも見ている感じ。でも、あまり楽しそうじゃないしすがしい感じはしなかったけど。
でも、勉強になったなあ、やっちゃいけないこと、っていうのは痛いくらいわかったし。でも若いのにすごく耳のいい子がいて、フルアコでいい音だしてた。まわりの変な大人に遠慮して、かわいそうだったけど、彼は伸びると思う。この店じゃないところで。
まあ、とにかくうるさくて、つらかった。結局、アコギか、小音量のアンプの音までが自分の守備範囲なんだな、ってこともよーくわかった。

で、結局、店のカラーやレベルに無理やりじぶんをあわせる必要はないな、と妙に納得。

師匠にも弾くところや相手を選ばないとだめだよ、と言われた意味がよくわかった。

なによりすでに出来上がっているシステムに頼ってしまうと、結局自分を抑えなければならないし、そうなると何のためにやっているかわからなくなる。自分の好きなようにやりたいのなら、全部自分でやる覚悟がないといけない、と悟った。

なら、なにもない町に出て、自分の声と体だけで勝負するほうがすがすがしい。

ギターを持って町に出たくなった。

歌、ギター、自転車

だいぶ、更新さぼっていたけど、去年から今年にかけて、実はとても大きな変化があった。

仕事では、海外化粧品ブランドの直営店の開店に関わったりして、海外の会社と連絡しあったりするのが
日常になり、先月はギリシャまで出張してきた。そのことについてもゆっくり書きたいと思う。

音楽的には、オーケストラをすっぱりやめ、ギターと歌のみに専念。これは、周囲をかなり驚かせたが、自分的にはとても成功したと思っている。音楽との関わり方について深く深く考えるきっかけになったし、結果的に幸せになれている。自分のなかで、苦手意識のあったギター、歌に本格的に取り組むのは大きなチャレンジ。これについてもまたまたゆっくり書いていきたい。

このあいだ、セーヌ川をゆっくり歩く機会があったのだけど、やはり、駆け抜ける快感もあるけれど、景色や、空気を味わいながら歩いたり、自転車で風を感じながら通り過ぎるのは格別なのだ、と再確認した次第。

公園で曲を書いたり、自転車をこいで行ったことのないところにいったり、そんなことがしたい今日この頃だ。

公園グレードアップ 新林公園極まる。

リニューアルオープンしてた新林公園にやっと行ってきた。

なんと、滑り台が五台(だったかな)ほど、増設され、ナイロンのロープでくまれたジムが高く高く設置され、極めつけは、ロープウェーまでが。

元々、緑に囲まれて、自然な環境はすばらしかったのだが、古民家の復元から始まって、遊具の充実、自然観察コースの設置など、公園マニアにとってはディズニーランドなみの充実度とクオリティ。ここに極まって、県立里山公園と双璧となる公園が現れたと言えよう.

藤沢の中古自転車屋にキャノンデールのM300がある、というので見に行くのとあわせ技だったのだが、(こっちもかっこ良かった。。。)やっぱり、アナログなのはいい。肩の力が抜けて、生き返る感じ。

やっぱりこれだね。今度はギターもって行こうかな。
自然に囲まれて、いい曲書けそう。

ナチュラルでいこう!!
プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。