スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディラン 大阪 15日 ボブがギターをもらってくれたぜ!!!

いやー、大興奮。
湘南が誇る お酒も飲めるギターショップの

ジェリーズギターの

オーナー、マッシュ氏とギター製作/リペア担当 Dr。ユータ氏が!!!!

ユータ氏製作のストラトモデルをボブに公演中、渡すことが出来た!!!!


この顛末はお二方のブログで詳細に報告されるとおもうが!!
それにしてもめでたい!!!!

プロの心が天才に通じたことに心からのお祝いを贈ろう。

ジェリーズギターのジェリーは、ボブとも親交のあつかったジェリーガルシアに対するレスペクト
から付けられている。もちろん、ボブへのレスペクトも日本海溝のように深い。
そんなディープで、音楽を深く理解して、業界にいる純粋なファンがいることにボブが心から喜んで
あの素敵な笑顔をみせてくれたことに、感謝しよう。

How does it feel?

最高だぜ!!



スポンサーサイト

ボブ ディラン 日本公演 2日目 天才の笑顔はとてつもなく暖かかった(Bob Dylan ゼップ大阪)

行ってきました。
来日2日目 ゼップ大阪。
ボブのたっての要望でクラブ公演。
狭いところで、観客と、なるべく近くでやりたい!
ということなんだ。

入手困難を極めたチケットはやっぱり頼れるジェリーズギターのオーナー、マッシュ氏にとってもらい、
今回はマッシュ氏と凄腕リペアマンDr。ユータ氏、古着屋店主 アル氏という豪華メンバーでの参戦。

グレイトフルデッドとも親交の厚かったボブのコンサートらしく、開始前にお香がたかれ、いやが上にも興奮はエスカレート。
おいらは今回、一階立ち見席の一番前。
基本的に有名曲をロックナンバーとバラードナンバーを交互にやる構成。

ボブはあまり大げさな動きはしないが、ちょっとした仕草がものすごく音楽的で、意味深く感じられ、

「ああ、目の前に天才がいて、歌ってる」

ってことがひしひしと感じられた。
オーラなんてもんじゃなくて、世界中の空気がボブの周りに凝縮していっているように見えた。

CDなんかで聞くとぶっきらぼうに歌っているように思うけど、生でみると、すごくやさしく、丁寧に、繊細に歌っているのがわかった。

ロックなナンバーをやるときなんか、心から楽しそうに、バンドのメンバーとコミュニケーションをとりながらやっていて、大御所というより、本当に音楽が好きなんだな、っていのが伝わってきて、ものすごくハッピーになる。

でもって、Just like a womanでは、もう、涙が止まらなかった。悲しい、っていうより、感動して、ね。

Just like a womanはこちらに




大阪だから、もっとのりが良いのかとおもったけど、意外とみんな大人しくて、僕らの周りが異様に盛り上がっていたのだけど、バンドメンバーも時折、こっちに視線をくれて、「にやっ」としてくれるのがうれしい。

「へえ、わかってんね。よし、がんばって弾いちゃおうかな」

って感じ。ライブってのは、観客も、しっかり反応して、ミュージシャンとコミニュケーションしなきゃだめだ。プロのミュージシャンとプロの観客が最高のライブを作り上げるんだ。

チャーリーセクストンがギターで参加してたんだけど、ソロの前に、僕らの方をチラッと見て、

「さあ、いくぜ!聞いてなよ!」って感じで

にやっとしてシールドケーブルを前に

パーン

とさばいて弾き始めたんだけど、格好良すぎてしびれちゃった。惚れた。

ロックナンバーの決めのところがシンコペーションで入るところがあったんだけど、それに反応出来てるのが僕らの仲間だけだった。

そしたら、僕らがその決めで手を振り上げて盛り上がってるのを見て、
ボブは本当にうれしそうに笑ったんだよ。

なんか、

「死んでも良い」

て、思っちゃった。はは、ただのバカだね。

神経質な天才、という姿はなく、とびきり笑顔の素敵なかっこいい音楽好きな天才詩人が、世界中のだれよりも演奏を楽しんでいる姿を見れた、というのが最終的な感想。

胸のあたりがまだぽかぽかと暖かく感じられる。

「人生なんて、つらいことだらけだけど、楽しまなきゃだめだ。答えは風のなかにあるのさ」

ってことが頭じゃなくて、ハートで理解出来た、とても素敵な夜でした。


セットリストは以下の通り。

1. Leopard-Skin Pill-Box Hat
2. Lay, Lady, Lay
3. Beyond Here Lies Nothin'
4. Don't Think Twice, It's All Right
5. The Levee's Gonna Break
6. Just Like A Woman
7. Tweedle Dee & Tweedle Dum
8. Make You Feel My Love
9. Honest With Me
10. Po' Boy
11. Highway 61 Revisited
12. I Feel A Change Comin' On
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man
encore
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower

来日記念盤!昔没になったやつが復活!!。
しっかり予習してから行きましょう。



テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。