スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUNN Champ 12 フェンダーアンプ

フェンダーのアンプを作っているSUNNから出ているいわゆる同等品。

出力管が6L6シングルで15Wくらい、スピーカーが12インチ、ということから、使い勝手と音質が両立したスペックが期待でき、トモ藤田氏が練習用として推奨していることから、前から欲しいとは思ってましたが、オークションでも結構高値安定だったのが、相場が落ちてきたことから、入手してみました。

海外サイトの評価を見ると、スピーカーとチューブの交換は必須で、換えると素晴らしい、ということらしいので、そこそこ音だしチェック後にちょっとがっかりしながら、スピーカーをEH-150を元に戻したのであまった50年代のジェンセン、チューブを手持ちのものに交換。
スピーカー交換で、かなりクリスピーでツヤのある音に変わりましたが、ノイジーで迫力と透明感がなく、まあ、安いアンプだなあ、という音。出力管だけ変えても、なんか硬い音で、やっぱり、増幅段のチャイナチューブがものすごく安っぽく、こいつが原因だな、と。で、ブースターで好結果の12AXW7をブースト段に、通常増幅段に5751を入れてみたところ、ノイジーさや硬さはすっかりなくなって、極めてストレートに入力を増幅してくれて、音圧のある、もちろん、フェンダーらしいツヤもある、という理想的な状態になり、藤田先生がお勧めした理由がよくわかりました。クリーントーンはアンプの存在を忘れさせてくれる、という感じ。
音量はそれほど大きくなく、1.5くらいなら家弾きもOK。

で、Champ12の売りのオーバードライブチャンネルですが、ちょっとボリューム上げると歪みまくるのが使いにくいですが、うまく調整するとクランチも一応OK。ただ、爆音です。小さな箱だったら、ライブで使えます。

ブルースキューブよりタッチが出て、すごくセンシティブな感じで、練習には良さそうです。
音源は後ほど。歪みきった音はもちろん、Champ12の勝ちですね。
スポンサーサイト

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

フェルナンデス RST-80 リバイバル ネジの効果

以前、カラハムのトレモロユニット固定ネジの交換について書きましたが、最近、ちょっとRST-80の出番が減ってきているのに気が付き、なんでか考えてみたんですが。

・アタックが強すぎ、サスティーンが少なく感じてしまう。
・音がダイレクトで、甘さが少ない。
・1,2弦でちょっと痛い音がする。
・5,6弦の色気が足りない。

という不満があることが判明したので、ひょっとして、と思い、ネジを焼入れした元のネジに戻してみました。

ブリッジ、ブリッジネジについてはカラハムの高硬度ステンレス品のままでしたが、

・全体のボリュームはそのままで、甘い、粘りのあるヴィンテージっぽい音になった。
・痛すぎて使えなかったフロントが表情豊で、つやと粘りのある音になった。
・リヤはよりおとなしくなり、リズム、カッティングに向いたなじみのいい音になった。

ネジ→、ブリッジの順に換えたのでブリッジだけ交換した音を聞いたのは今回始めてですが、ボリューム、張りとヴィンテージっぽい甘さが共存した、なかなか気持ちいい音だな、と思いました。全部元に戻してしまうと、ヴィンテージっぽすぎて、かつ、ボリュームが下がるのはわかっているので、その場合使いどころが難しくなりそうなので、ネジだけ、とか、ブリッジネジだけ、とか、ちょっと細かくやってみるか、このままいくか、という感じです。

ここで、思い出したんですが、ピックガードを3枚プライから1枚プライに換えたんでした。1枚プライの方が、アタックの強い音なので、相性が出たんですね。
せっかくのリバイバルで、54年モデルなので、ヴィンテージらしさを出す意味では、今回の組み合わせはかなりいけてると思います。音源は後ほど

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

ユニット 初練習! RED TAIL Blues Band(仮)

新ユニットのヴォーカル、カリスマ店長が多忙のなか、初練習&打ち合わせにつきあってくれました。カラオケでは、うまいなあと思ってましたが、スタジオで録らせてもらってびっくりでした。

プロフィールは許可を得てないので後ほどですが、まあ、小説が何冊もかけそうなほどネタ満載の模様。歌だけじゃなくてトークもおもしろすぎ!ライブでのMCにこうご期待。
しっかりクラシックのピアノをやって、ジャズのピアノ&ボーカルを勉強し、バーでも歌ってた、ということで、バックボーンがしっかりしていて、骨太の音楽を作ってくれます。

自分の仲間を褒めちぎるのもなんなんですが、ブログってことで許してもらうとして、

1。ちょっとハスキーでスムーズ&スモーキーな声
2。ジャズをやってたのでブルーノートやフェイクがかっこいい
3。聞き手に媚びてないクールな表現

歌がうまい人はたくさんいますが、上記の特に3番はなかなか得難い資質と思っております。
深夜まで練習音録りにつきあってくれてありがとう!

いやー楽しかった!!!。店長、歌、うますぎて緊張しちゃったけど、不肖、私もせっかくの才能を無駄にしないためにまた、音楽を始められるきっかけをつくれて良かったです。ヤスミンの青の時代、小田和正の言葉にできない、Fly me to the moonを練習しましたがどれも切なくてよかったです。細かいところはあるとしても、ね。

まだ、探ってる段階だけど、理性のブレーキをぶっ飛ばしてめちゃくちゃかっこいい音楽が出来るようになるという気がしてます。もちろん、テクニックや知識も大事だけど、ソウルが大事だと思うので、いろんな話をしながら、じっくりバンドの方向性を決めていけたらいいいなあ、と本当に楽しみです。がんばってついてくので、見捨てないでね~。店長!

いやー、上質な時間が過ごせて、幸せ~。

練習風景の音源はここ!→分室

テーマ : ♪音楽♪ - ジャンル : 趣味・実用

煉瓦亭本店

本店に行って来ました。創立100年以上の名物洋食屋さんです。
前の出向先の敏腕営業マンと散歩がてら出撃です。

場所はアップルストア銀座の裏で、意外と小さいなあ、という印象でした。
地下をおりていくと、すごく渋い感じというより、まあ、普通。

どっちかというと東銀座の方が、味わい深いですね。2階にいけば違うのかな。?

ポークカツレツとカニクリームコロッケを頼みましたがやっぱりいわゆる洋食の正道で味は支店と変わらない感じですが。衣が本当においしいんですが、カツレツもコロッケもジューシーさやとろっとした感じなんかが絶妙で、ストライク!って感じです。100点。

けっこうみんな一人で来ているようでした。男性客ばかりでなく、女性客も一人で来ていて、ご出勤前なんでしょうかね。。。。まあ、いずれにせよ老舗の味をじっくりという風情でなんかカッコイいですね。アップルの裏って言うのが便利です。こんどは一人でこよう。

オヤジ2名で愚痴大会はいただけません。まあ、どっちかというと二人とも浮世離れしてて、ダイビングとかやってたりするんで、仕事の話はなし、じっくり知的な会話してきました。たまにはこういのもいいなあ。
プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。