スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブソン EH-150 MOD その後

1930年代に作られたギブソン初のアンプ EH-150ですが、まあ、いわゆるビンテージアンプなんで、ちょっと調子が悪く、なんだかビビる状態、ノイズののった状態になり、あれこれいじっていると

・スピーカー単体からビビりが出てる
・アースが外れかかってたり、シールドが接触しているところがあった

ので、

・スピーカーを近所のアンプ屋でジェンセン P12NSからP12Pに換えてもらった(ありがとう!)。
・配線は自分で直した(涙)

おかげで、すっかり復調しました。おまけにP12Pは16オームなんで、8オームのP12NSだと音が大きすぎてちょっと扱いずらかったのが小さくなって使い勝手がよくなっりました。
さらに音色的には

・からっとしていて高域になんともいえない色気のある感じ

が増して、いわゆるフェンダーのビンテージツイードに近まってしまったです。

オリジナルではもっとダークでクリーミーな感じでクリーンはもこもこで使いにくかったですがわりと普通の感じに弾ける状態になり、よかったようなつまらないような。

でも、HAOのRoyal Rumbleでブーストしてつっこむとかなり歪んでちょっと性格の明るくなったジミヘン、ぐらいにはなります。

まあ、普段使いでは、ボリュームはそんなに上げずに、カリッとして深みのある音を楽しんだほうが良いかな。いたわりながら長く使わないとね。


スポンサーサイト

グレコ EGF-1000 ジャパンビンテージ 

幻の名器シリーズですが、またしても改造ありですが、うちに来ました。
とりあえず、エレキギターはこれで打ち止めにしたいと思ってますが。。。。


トップは非常に美しいです。

音はとてもドライで、ビンテージ感たっぷり。パワーコードなんか暴れっぷりがすごいロックしてる感じ。最高!
RST-80よりアバウトで、まけてくれるんで、これはいいですね。ブリブリいうし。
EGF-1000

P.S.アカイプロの名器 DR8@ハードディスクレコーダが復活。やっぱりプロ機は作りががっちりしていて音がいい!これのAD変換はかなり優秀。古いとはいえ、これでCD作ってたわけだから、使えるんだったら使おう!と。

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

アンプのかわいがりかた

ギターは一生懸命いじるけど、アンプは気にしない人が自分を含めて多いんだけど、実は、すごい大事なんだ、ってことが判明。かわいがってやれば、かなり恩返ししてくれるよ、って話。
で、特に、フェーンダーのアンプなんかに当てはまる話なんだけど、実は、トーン回路がオーディオ用と違って、変な構成になっているらしい。つまり、ミドルは10がフラットで、しぼるとマイナス、ハイとベースは1がフラット、10がブーストということ。て、ことは、全部5にするとかなりのドンシャリバランスになるということ。
なんで、ビートルズの初期みたいな音を出したいときは、ベースとハイは1、ミッドは10までぐいっと上げる。この音はクリーンではかなりいい音。
フェンダーでなくても、PODなんかのアンプシュミレーターでやってみると、お、懐かしい感じのいい音だぞ、って思う。でもって、ハイ、ローを5、ミッド10、だとサーフな感じの色っぽーい音になります。濃いですよこのセッティングは。かなりぐっときます。
それで、トーンのセッティングが機嫌良くなったところで、ブロックとか、本でもいいんだけど、アンプの下に置いて、その上にアンプ置きます。倒れないように気をつけて。これで、すっかり抜けがよくなるのと、低音のもやもやがなくなって、自然なレスポンスになります。壁から少し離してやるのも重要。

さて、これまではお金のかからない愛情の掛け方。で、どっかには書いてある方法。
次はお金のかかる方法。かなりの秘密兵器。内緒にしておきたいけどせっかくこのつまらないブログを見に来てくれている奇特な方々のために公開。
http://www.procable.jp/products/star1500-100.html
電源トランスです。これから電源とると、録音スタジオで鳴っているアンプの音がします。びっくりです。透明で、深みがあって、耳にいたくないです。あーあ、教えてしまった。皆さんも裏技あったら教えてくださいね。

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

ビザールギターの使い道→例えばゆらゆら帝国

ゆらゆら帝国のめまいゆらゆら帝国のめまい
(2003/02/26)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る
チープな爆音でかきならす、これぞロック!醤油味の ジミヘンといったら怒られるかな?最近、一番好きです。曲も詩もいい!youtubeで気にったら買ってみよう。http://www.youtube.com/watch?v=S6GDi03NFS4&feature=related

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

ジャパンビンテージ フェルナンデス RST-80 54 その2

しょっぱなから、音の抜け、レンジの広さ、美しさでぶっとばされたRST-80ですが、こいつはリバイバルシリーズの初期型で、人気の54年モデル、ということで、なかなか、ナイスな感じですが、もう、手放す気もないので、思いっきりいじっちゃいました。最初にいじったのは、
・導電塗料(銅フィラー入り)をキャビティに塗布
・コンデンサーをサンガモのオールドに変更
・ジャックをビンテージの測定器用スイッチクラフト製に変更
・配線をウエスタンエリクトリック製のニクロム線に変更
・アース配線の取り回しを54年風に変更
といったところですが、ここまででは今回はもとが良かったので、あまり変化を感じませんでした。

それよりも、
・ロッドを少し締めた。
・ブリッジの各箇所を調整した。
・シムをかまして少しネックを起こして、サドル高さを調整

という基本的な部分で全体的にバランスを整えてさらに

・ネック裏の塗装を8割がた剥いだ

ことで開放的な鳴りになったので、普通に弾きやすくていい音のする楽器になった感じです。

vanzandtのテレの方は、エキセントリックにいい音を目指していて、確かにフェンダー ツインリバーブの黒パネルあたりで鳴らすとちょっと反則気味に常に色気のある音がするんですが、これとは対照的にRST-80は普段はまじめで誠実な感じで、がんばって、がんばって、最後に一息ぶち込むとバッキーンと抜けてくれたり、油断していると、さりげなく軽く弾いたときにはかなくも美しくも香ばしいまことに美しげな音が出てくれたりと、まあ、やっぱり古い楽器だからね、という風情です。非常に好感もてます。

特に軽く弾いたときにレスポンスがいいのはどうも力が入りやすい自分の弾き方を改善してくれるのでとても好ましいと思っています。

Sansampの方もとても好感触なんですが、これは次にレポートします。

P.S.Vanzandt テレは古巣の若者にレンタルに出しました。2月が本番、ということでがっつり弾き込んでくれるんじゃないかと思ってます。よろしく!

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。