スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vanzandt テレキャス サドルとピックアップ変更

Vanzandt、すっかり気に入って弾いてますが、

・音が太いのはいいんだけど、ちょっと、レスポンスがいまいち、
 リア:ズッドーン。おしまい
 フロント:ズッツキューン。 て感じ

・リアとフロントの音量バランスが、すごくフロントより。自分のスタイルだと
リアでもソロを弾くので、使いづらい。

・ボリューム絞ると抜けがいまいち

と、いうことで、

・もうちょっと枯れた、甘い音で、サスティーンを伸ばしたい!
・レスポンスを良くしたい。触っただけで音が出る感じ
・リアとフロントの音量をそろえたい

というわけで、

・枯れた甘い音で一部マニアックな人気のあるテムジンピックアップをフロントに
・サスティーンと甘い音で定評のあるグラフテックサドルに

変更!

してみました。テムジンは普通のテレキャス用でなくて、ちょっと太めの音のものを選択。

で、結果ですが、

・サスティーンが伸びたというより、全体的な音量があがって、甘く、枯れた音で
 レスポンスが抜群によくなった。ストラトっぽい音(グラフテックサドル)
・テムジンは音量が落ちて枯れた音になった。ノイズ極小。若干軽い音だが、甘さは増加。
 レスポンスも良し(フロント単体)。
 リアとのミックスはより、透明で表情豊かになった。

全体としてはビンテージストラトの音に近いイメージで、

リア:ズビュイー・・・・・・・・ン
フロント:ビキュー・・・・・・・・・・・・・・・

という感じ。全体的にはコードのバランスがよくなってすごく弾きやすくなりました。
低音をごりごり弾いても色気を失わない、っていうのは気持ちいいです。
グラフテックサドルいいですね、うん。
スポンサーサイト

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

ジャパンビンテージ:アンプ 名器 ブルースキューブの実力!

FLIP1000MKIIがちょっと音がにごるなあ、と思って、スピーカーのねじを締めなおしたところ、
お、いいじゃない、という感じになったんで、

そうだ、ブルースキューブもちょっと音、暗いんだよなあ、

と思って、前のネットをはずしてみると、

う、結構ほこりたまってるし。お掃除お掃除。

で、スピーカーからは裏側からマウントされていて、前面からはアクセスできず。
裏から中をのぞいてみると、

あれ、取扱説明書が入ってるよ。。。。。。。(ビニール袋入り)
うーん、何年はいっていたんだろう、と思いながら、中身をぱらぱらとみていると、

色々と気合の入った薀蓄が、、、、。

いわく、過去の名器を解析した結果、開発したなんたらかんたら、、、、、、。
で、最後に、設定例が。(カントリー、ブルース、ロックブルース、ハードロック)

で、一番興味があんのがブルース。もともと、ブルースキューブはクランチが抜群に
よい、という評判で、並み居る名器より、こちらをエースにする人もいるくらい。
実は、「かなりいいけど、そんなにいいかなあ」と思っていて、

・クリーンはきれいな音だけど、なんとなく音が前に出ない。
・クランチはそれらしいひずみかたするけど、やっぱり音が暗くて前に出ない。
・かといってハイをあげるとしゃりしゃりしてもろ、トランジスタの音になる。

というわけで、すごくストライクゾーンが狭い感じがしていたわけですが、

設定例をみると、「ミドルをかなりあげ気味にして、最終段のプレゼンスをぐいっとあげる。
整流はダイオードシュミレーション」
という設定になっていて、この設定にしてVan zandt テレを直で入れてみると

・ミドルが充実していて、粘る、いなたい感じでしかもすごくつやの乗った前に出る音
・3個のスピーカーが余裕で鳴っていて、ものすごくタッチがでる感じ

になってびっくり仰天。こりゃあ、へたな真空管アンプははだしで逃げ出すぞ、と
思って、他の設定もやってみましたが、

よくくそみそに言われているリードチャンネル、
これはやっぱり「もやもやになる」とか、すごく評判が悪いわけですが、
この、最終段のプレゼンスをぐいっとあげる、整流は整流管シュミレーションというのがすごく効いて、輪郭、エッジ、音のはり、つやがばっちりで、意外と、ハードにひずませたリードトーンもいける感じ。

説明書によれば、このプレゼンスはアクティブのすごいやつで、かなり自信作だ、ということみたいで、チューブアンプのつやとレスポンスに迫る、その効果、参りました(カントリーの設定でもカラっとした音にしてくれます)。
ローランドの開発力、すごいですね。思わず、拝んじゃいました。

ブルースキューブ、一時ほどの人気はなくなってますんで、結構安く買えますので、
見つけたら、即ゲットをお勧めします。

うーん、FLIP1000MKIIは改造ベースに降格かなあ。中身をチャンプとかデラリバにするのも
いいかもしれないですね。

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

ジャパンビンテージ:チューブアンプ グヤトーン FLIP 1000 MKII とJEN TD-1

今まで、名機 ローランド ブルースキューブ BC-60とPOD2をメインにしてましたが、故成毛滋氏が

「プリ部がチューブのアンプで練習しないとうまくならない」

という、恐ろしい名言を残してまして、はた、と

「おれがうまくならないのはそのせいか!」

と妙に納得し、我が家のチューブ機材を環境を整備を決定。
というわけで、オーバードライブチャンネルとパワー部がチューブで構成されているFLIP1000MKIIとチューブのオーバードライブ JEN TD-1。

グヤのアンプは定評があるので、あまり不安もなかったけど、JENの方は、新品が激安で出ていたのでほとんど衝動的にクリックしてしまい、

http://www.watanabe-mi.com/shopping/LTD/04LIMITED/EF/TD1.html


「俺的にだめ=ヘビメタ系な歪みなら、即、オークション行き」

と思っていたけど、

・なんともいえず、きもちいいつやのあるクランチ
・ドライブをあげてもぐしゃぐしゃにならず、ワイルド、かつしっかり和音が出る
・重い、でかい
・AC直だし(電源アダプタなし)

という、なんともパンチのある仕様と音のナイスなやつでした。
まあ、これがあればチューブアンプはいらなかった気もするけど、

FLIP1000MKIIは
・ドライブチャンネルは伸びのある、明るいクランチからぐしゃぐしゃのハードな歪みまでOK
・ノーマルチャンネルは、固めのトランジスタアンプっぽい現代的な音(まあまあ、使える)
・リバーブはしっとりして、なかなか上品な感じ。
・チューブアンプらしく、抜け、レスポンス良し。ピッキングのタッチがすごくよく出る(ミストーンは目立つ)ダイレクトに意思が伝わる感じ。気持ちよし。

という感じで、縁起物なんで、このまま、キープってことで。




TD-1

テーマ : マイナーなもの集め - ジャンル : 趣味・実用

ギター買わずに弦変えよう

Van Zandtが絶好調で、そうなると、ES-125CDがちょっと、かわいそうな
感じで、、、、、。

どうか、というと

・012のセミフラットワウンド貼ったんで、音が激しく地味
・そして、チョーキングがきつい。
・それから、意外と雑音多くて、音が暴れ気味
・つまり、なんか気持ちよくない。

というわけで、

・やっぱり、セミアコが欲しくなってくる。
・なんだか、レスポールでもよくなってくる。

という危険な状態になってきたので、すかさず、

・音が明るくて、レスポンスがいい(ブライト)
・音のまとまりが良くて芯のある(芯線が太い、精度が良い)

という評判のGHSのBOOMERを起用!
ゲージももちろん010に落として、チョーキングらくらく!
というわけで、

ジャズしか弾けない状態から脱出。
GHS、いいです。明るくて、気持ちよいサスティンで、甘いです。
大好きな音。Vanにも試してみたくなってきました。

無事、ギター買わずにすみました。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Van Zandtのテレキャス

問題のない楽器が欲しいなあ、と思っていて、知る人ぞ知る、メードインジャパン、
Van Zandtの説明を読んでいたら、

「ヴィンテージだけど、問題箇所はすべてクリアしてあります」

とのこと。アルダーボディのテレがオークションに出ていて、思いのほか安かったので
&出品者の方があまりネックが弱い、と強調するので、人が寄り付かなかったので、
ずいぶん安く落札できました。

楽器が着いた状態では調整がかなり×で、ロッドを締めて、弦高をあわせてだいぶましになりましたが、どうもしゃきっとしない。。。。。アッセンブリをチェックすると、ジャックが意外とちゃちな
ものを使っていたので、ミリタリーグレードのスイッチクラフトに交換。これでばっちりでした。

いわゆるテレキャスのぺけぺけした音ではなくて、トレブリーかつ深みのあるサスティーンで、
弾いていて本当に気持ちよい楽器です。高フレットの音切れは皆無で、15フレットのチョーキングがどこまでも伸びていく感じで、「これが欲しかったんだよ。。。。」と気持ちいいことこの上なし。
なんか、意味なくリフを弾きたくなりますね。テレって。

しばらくテレキャス信者かな。

でもって、この経験を、ビザールいじりに生かす、と。
なにやってんだかわかんなくなってきましたね。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

ジャパンビンテージ:キャッツアイ トーカイ

今日はアコギのお話です。マーチンと技術提携した、というふれこみで人気のトーカイのブランド、
キャッツアイですが、高値で取引されているのは定価10万以上の型番のものです。それ以下のものは、結構安く買える、逆にいうとそれ以上のものが異常に高値がついてしまっているわけです。
実際に弾いてみると、明らかな差があって、値段なりだなあ、と納得してしまいます。まあ、80年代のいわゆるジャパンビンテージものはどれも倍音が単純というか、一言でいって、音が湿っていて、それこそ、昭和フォークのアルペジオにぴったりの音がする訳ですけど、これははっきりいって好みじゃない。勢いで買ってしまったTCM-80、あまりいい木は使ってないので、ビンテージパッチを表裏にばりばりに張り込んで、ブラスナット、サドルに換え、かなり音は前に出てきていたんだけれど、今ひとつな感じが拭えず、じっと見ていて、はたと気づいてしまいました。

「塗装が分厚いなあ」

5分後にはサンドペーパーでごしごしやっている自分がいた訳です。

全部はがしてしまうと、えらいことになりそうなので、目測、半分くらいまではいだところでやめました。といっても、もう、後戻りは出来ないんですけど。

というわけで、今、絶好調で鳴ってます。うちのキャッツアイ。ビンテージっぽい乾いた抜けの良い音に大変身。サドルは元のものに戻してもJ-45が見劣りするくらいになってしまったんでJ-45はサドルとナット調整に出しました。デルリンナットとタスクのサドルという組み合わせでどこまで対抗できるか!

で、J-45が勝つと、多分、キャッツは丸裸にされるんでしょうね。。。。。
全部はがしてオイルステインにしてもいいかな。

では、おやすみなさい。


テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Vegas お嫁入り

オークションに出していることを書き忘れてました。
フラットワウンド弦を張ってみて、このギターの実力が高いことがよくわかったんですが
何分にも狭い部屋で、キャラが近いギターを複数維持するのが難しい、というか、爆発的に
増えつつあるギターの置き場所を空けたかったんで、お嫁に出すことにしました。
正当派のジャズはES-125CDが受け持ってくれますし、ヴェガスの明るめのキャラクターは
やはりテスコのWG-4L(改)がなんとかしてくれそうかな、と。
なんとアクセスが1418(9時15分現在)もあって、このマイナーな機種にずいぶん皆さん
興味を持ってくれているんだな、と感無量です。
もっと、ビザールギターと言われているギターが本当の実力を持っていることをいろいろな人に
知ってほしいなあ、と考えているので、オークションに出すのもいい手段かもしれません。
ちなみに、VegasはネックはRがきついいわゆるビンテージタイプなんですが、さすがに高級モデルというか、作りもかなり考えられている(お金と手間がかかっている)ので、しっかり弾けば高フレットでも音が詰まりません。このへんは某大手の完全コピーと言われている80年代のジャパンビンテージと違って、当時のテスコはかなり海外メーカーのOEMもやっていたせいで楽器のことがよくわかっていたんだと思いあたりました。
良心的な会社はつぶれてしまうんですよね。。。。。。
さて、後数時間でオークション終了です。極細繊維の布で丁寧に磨いておかないとですね。
いい人のところにお嫁にいけるといいんですが。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

湘南クロスロード カフェ 分室設置しました 

テストやゆるい系の音源をアップするためにケロログに分室作りました。


 「湘南クロスロード カフェ」 http://www.voiceblog.jp/shonancrossroad/


 うーん、カフェ、いい響きですなあ。 ゆったりしてってくださいな。


無料ですから。


 


コメント残していただけるとうれしいです。


 第一弾は日本の誇るテスコの名器、60年代ビンテージのVegas40 の音源!ユルーイジャズ弾いてますぞ。


若干ビザールな味わいもありながら、本物の持つ深みやつやのある音!演奏はおいておいて!!!フルアコチックなセミアコなんでPOD直結でもいい感じに響きがつきます。前にもちょっと書いたんですが、うちに来たときはペケペケで、チョーキングすると1弦外れるわで強く弾けなかったんですが、ブリッジ交換と調整でかなり実用的になりました。


チューンオーマチックに換えてしまえばもっと「普通」の音になると思いますが、もともと高級ギターで、木部の作りはものすごくいいですから、やっぱり、サーフ系、ビザール系の味わいを残しつつ、、、ということで、いじりすぎないで使い勝手を改善する方向で、手を打ちました。と、いいながら、1弦が012のフラットワウンド貼ってますから、ジャズかロカビリー(私語?)向きなセッティングですな。機能性より味わい深さ優先、ということで、ご勘弁を。

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

ヴェガス40の調整

ちょっと不調だったんで、ネックとボディの間のシムをはずしてブリッジーボディの間隔を短く→
ボディへのテンション下げる、という調整をして様子をみました。サスティンは短くなりましたがギンギンいう感じが減って、フラットラウンド弦を張ったら落ち着いてきていいかんじになりました。
それで、ブリッジを同形のものですがWG-4Lのと交換したら1弦がはずれるのがなおりました。
どうみても同じ形、仕様なのですが、ローラーの溝の幅や角度とかが違うみたいで、音も変な倍音がとれてしっとりしっかりしました!
ES-125Dより明るく歌う感じで、歌もののジャズなんかに良さそうです。見た目はもろロカビリーなんですけど。

思うこと 調整のコツ、そしてキメラギター

メインとしてはJ-45とES-125Dがあるのに、どうしてギター買いまくりたくなるのか考えていたんですが、ようするに、

「いじりたい!」
「色々じっくり弾いてみたい」

ということのようです。
もともと楽器自体が好きで、分解したくなるほうなのですが、分解して
終わりではなくて、

「ここをこういじると(またはこういう弾き方すると)、こういう音がする」

というのが楽しくて楽器をやってる気が。。。。

というわけで、これまでの復習です。

・ネックはまっすぐ、サドルとナット調整はばっちり合わせる。
・基本的な調整がうまくいかない構造の楽器はNG。
・とにかく木は古くなるほど音が良くなる。自分的には60年代より前だと
 音に深みと味が出てくると感じる。レスポンスも良い。
・ジャック、スイッチは音の骨格(エッジ、レスポンス)に影響大。
 いいものをチョイスすべし。
・配線は細いとブライトな音になるが、絶縁材が天然ものでないとクセがでやすい。ビンテージものに分がある。
・アース側の配線は太くすべし。
・コンデンサー、ポットは抜け、つや=音色に影響大。

基本的に、木部は古くてよい材を選ぶが、部品は「悪さ」を極力排除するのが
コツかな、と思ってます。

このあたりを集大成したキメラギター!
ストラトネックのWG-4Lは自分的には理想的なバランスになってまして、見た目は破壊的ですが弾きやすさと音はまさに自分的カスタム!

というわけで、ギターが部品取り用に見えて、このネックとこのボディでどういう音がするんだろう??とかがおもしろくなってきてしまいましたね。

完成したギターはいじるとかわいそうだし、バランス崩れるんで、
まあ、どうせゴミギターなんだし、というのに限定してベストな組み合わせをさぐってみようかなあ。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

合体!

テスコのWG-4Lの細いフレットの弾きにくさとポリでがっちり塗装されてしまったネック(これだと枯れようがないなあ)をしげしげと眺めるに、素晴らしい音の出ているいわゆる軍艦ピックアップと見比べて、4個もついているピックアップをいっそ外してしまって、ほかのギターに移植してしまおうか、と悩んでいましたが、行きつけのギター屋で、テスコにストラトのネックをつける改造をプロがよくやってるよ、という話を聞いて、お、それならストラトのネックが余ってるから、比較的簡単に出来るな、と思って

「弾きやすくて、音はビンテージな、合体ギター」

をねらって組み立ててみました。WG-4Lは当然、ミドルスケールなわけで、しかも20フレットしかない短いネックのかわりにロングスケールの21フレットのネックをつけるとオクターブはあわなくなるんで、ブリッジをチューンオーマチックに換えて位置もずらしました。ネックは石ロゴのFST-60のメイプルワンピース、ブラスナット仕様をとりあえず、つけて見ましたが、心配した高音部の音詰まりもなく、クリーントーンは味わい深く、歪ませるとからっとして暴れた感じがロックしているお気に入りの一本となりました。元の状態だとフレットのせいでかなり弾きにくく、おもちゃっぽかったんですが、まともなフレットとロングスケールになったせいで、サスティーンものびて楽器らしく変身しました。ぱりっとしたネックに換えたのでアタックははっきりしましたが、のばしているときの太さ、味や雰囲気はもとのままでしたので、相性は悪くない感じです。ちょっとしたパーツのチェンジも楽しいですが、今回のようにばっさりかえてしまうと違うギターになりますので、かなりおもしろい(失敗もあり?)ですね。

それではおやすみなさい。
P。S。ギターのねたが続いていますが、そのうち、グルメや自転車ネタが登場しますので、
ご期待くださいね。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BIG PAPA

Author:BIG PAPA
歌は、未来のあなたとの記憶の中にある。
日々の感情のなかで、本当のことだけ歌にする。

湘南ブルースマン協会 会長
BIG PAPA


風と音楽が交わるところ、湘南からお送りします。

お世話になったF2C いろいろ不満もあって、ブログ引っ越します。

湘南ブルースマン協会もスタート。いよいよブルース色強いです。
こちらでもよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/shonancrossroad/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。